11.キッチン ライオンのカレー

e0370840_23014202.jpg

カレーの基本は、やっぱりビールカレー。大盛りを食べてみることにしました



 平成29年2月18日(土)、建築士会のヘリテージ養成講座の第10回目の講習へ行き、その昼食に松山市千舟町にあるキッチン・ライオンへ行って、初めてビーフカレーを食べました。

 ライオンのカレーへ行くことにした理由は、美食倶楽部という愛媛の名店を紹介する雑誌を知人からいただいてぱらぱらと見ている内に、その中に「カレーのライオン」を見つけたのでした。もっと高級料亭を中心に紹介してある雑誌でありながら、カレー専門店が紹介されているところに惹かれました。

 
 「食欲へ素通りできぬカレーの香」というキャッチコピーも面白いですが、どうも味の方は昔伝統のお袋の味、というし立てのようです。創業50年以上ということからも、是非とも一度は訪れたいと思いました。

 また、前日の飲み会の席上で、松山の千舟町辺りにカレーの旨いお店があるらしいがどこだろうか、と聞くと、「ライオン」という答えが返ってきました。別の店を答えた者もいましたが、そこは実は行ったことがあってその味を知っていました。

 そんなわけで、この日の一番の目的は”ライオンへ行くこと”になったのでした。



e0370840_23025616.jpg
朝、講習会へ行く途中に、ライオンの看板を発見

e0370840_23014146.jpg
昼食の休憩時間には、一目散にライオンを目指しました


e0370840_23014156.jpg
お店に入ると、中ジョッキにストローが入ってでてきます。この日は土曜日なので、お客は少なめです


e0370840_23014385.jpg
メニューは結構たくさんの選択肢があります。甘口、中辛、辛口の中から選ぶことができます。今回は中辛をチョイス


e0370840_23014245.jpg

ルーはしっかりと煮込んであり、野菜が解けている感じです



e0370840_23014380.jpg
ハーフのメニューもあります




e0370840_23014071.jpg
宝くじ売り場の交差点の近くにライオンはあります。スクランブル交差点を渡っていきます

e0370840_23014039.jpg
ライオンはオーラが漂っていて、迷わずここにある、と思えました。不思議です


e0370840_23014083.jpg
カレー ライオンというのが正式なお店の名前なのでしょうか


e0370840_23014317.jpg
この紙ナプキンのライオンが、伝統を感じさせます






[PR]

by cskuwa | 2017-02-18 23:31 | カレーライス

10.カフェ・ノボール in MATSUYAMA Airport の自家製カレー

e0370840_15143786.jpg


 久々のカレーです。平成29年2月1日、大阪へ行く前に立ち寄りました。
 そもそもカフェ・ノボールのカレーはこれまでに何度か食べたことがあって、どちらかと言うとお好みのタイプです。良く煮込んであるという感じ。

 さっと昼食を摂るにはいいのですが、癖がないので私にとってはちょっと辛さが物足りない気がしました。誰にでも愛される味だと思います。


 カフェ・ノボールでちょっと困るのは、カードが使えないこと。料理と支払いがテーブル席での交換、ということなので、小さなものがないときなどちょっと恐縮してしまいます。さっとスムーズに支払いたいものですが、これはもう仕方ないと思って、おつりをお願いしました。

 カレーはカツカレー、キーマカレーなど他の種類も沢山あり、そっちも食べてみたいと思っています。




e0370840_15431701.jpg
カフェ・ノボールは通路の一番奥にある






[PR]

by cskuwa | 2017-02-02 15:25 | カレーライス

9.マリンオアシスはかたのカレー

イメージ 1
サラダ付きのビーフカレー




 平成26年3月23日(日)、サイクリングで伯方S・Cパークを訪れ、マリンオアシスはかたでビーフカレーを注文、650円だった。

 味はというと、定番のお馴染みカレー味で特筆するところはなし。

 高速のサービスエリアなどでだされる、レトルトもしくは缶詰カレーと同じで、オリジナルで作ったものではない。
そのため、是非ここのカレーを!とお薦めするものではなく、小腹に入れるといったところ。


 むしろ、マリンオアシス伯方ではとらふぐ御膳とか、瀬戸潮御膳、海鮮丼セットなどの方がメジャーであり、美味しくいただけそうだった。

 塩ラーメン700円とセットで注文したが、カレーが出てくるのがやたら遅かった。
ここでカレーを注文する人はいないのかも。。。















[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 14:14 | カレーライス

8.VERTのグリーンカレー

イメージ 1

メニューにはグリーンカレーとは書いてない。タイの・・・と書いてあったような気が。



 最近近所にできたVERTへ昼食を食べに行った。

 ここは当然、カレーでしょ、と思いきやビーフカレーがない!キノコカレーなどがあるようだが、グリーンカレーと言われるタイの・・・・もカレーに違いない、ということで食べてみた。

 デザートとコーヒーとがついて890円。


 味はなかなか面白いのであるが、カレーのメニューはビーフカレーという自分にはちょっと合わなかったのかも。
食べる時間が掛かる、と言われてしまった。


 スープのような感じで、それだけを飲むと結構辛い。中にはグリンピースと何か具も入っている。これを食べるには、まだまだ修行不足。


 まあ、珍しいものを食べたということかも。









[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 14:11 | カレーライス

7.ホワイトファームのカレー

イメージ 1


オリジナルカレーとオプションのアイスコーヒー




 西予市野村町のホワイトファームのカレーが旨い、と聞いたので期待して出かけた。牛すじカレーなどもあったが、基本はビーフカレー。しかし、ビーフカレーというメニューはなく、「オリジナルカレー」なのだ。



ご注文:オリジナルカレー



味:この味は西予市では、他にない。宇和島市吉田町立間のタンドールのカレーのルーと近い味だが、オリジナルでこの味は珍しい。おそらく、ルーはスパイスから作ってあるのだろう。本物のインドカレーを目指してここにたどり着いたのかと思われた。



特徴:具がない。煮込まれて、潰れているようだ。ご飯に対して、ルーは少ない。ご飯をたっぷりすくって、ルーを少しかけて食べるというイメージ。サラダが付いてくる。



感想:これは賛否両論分かれる気がする。味がインド人のカレーと近いため、ご飯よりもナンの方が合うような、潜在的な食感が身についているからだ。上品な感覚で食べることが出来るので、女性には人気かも。




 実は、この味、タンドール以外に過去に食べた印象があった。それは、2003年に北アルプスの岳沢ヒュッテで食べたカレーの味と似ているのである。岳沢ヒュッテとは、上高地から穂高を見上げたときに見える雪渓の中に立つ山小屋で、日本第3位の高峰・奥穂高岳に登った後の下山の際に食べたカレーだ。


 そのカレーは、2000円くらい出したような記憶があるのだが、その直後に山と渓谷に「心に残る”あの小屋”の味」という特集に紹介とされた。
 当時は随分お高いカレーかと思ったが、あの高山で骨付きチキンとブロッコリー、ヨーグルトが入ったカレーは高級品だったのだ。1日限定20食の本格派インドカレー。



 それを思うと、ホワイトファームのカレーは逸品なのかもしれない。800円(アイスコーヒーは400円)



2009年10月18日




イメージ 2
コスモスの季節。




イメージ 3
ケイトウもあったが、一面のお花畑でもあれば雰囲気がいいかも




イメージ 4
看板











[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 14:08 | カレーライス

6.まるいち食堂

イメージ 1



 西予市宇和町卯之町の銀座商店街にある元祖・食堂。ここでは、カレーを注文するお客はレアーなはずで、どちらかといえばチャンポンとかうどんをいつもいただく。


 今回、縁あってカレーを食べる機会があり、味を確かめてみた。ちょぴり中辛的な味ではあるが、よくこの手の味は出会うことがある。例えば、内子のゴルフ場のレストランのカレーととてもよく似た味だ。



 ちなみに、ゴルフ場のレストランのウエイトレスさんに、「ここのカレーは、ここで作っているのですか?」と聞いたら、「調理師さんが鍋でぐるぐるかき混ぜてますよ!」というので、結局作っているのか暖めているだけなのかわからなかった。しかし、ゴルフ場はカレーが旨いという先入観をもっているもので、あれだったらわざわざゴルフ場で食べる味にまでは達していない。


 町中の食堂であまりカレーにこだわりを求めることは難しいのであり、手軽に食べれる味と思えば、オリジナリティが低くてもやむを得ないのかもしれない。


2009年4月22日ご注文









[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 14:05 | カレーライス

5.アーツ コーヒーショップ

イメージ 1






 羽田空港第二ターミナル(ANA)の出発ロビーにあるコーヒーショップのオリジナルカレー。これは、お肉が大きくてよく煮込んである。また、ルーもオリジナルとあって、購入カレーではない良い味が出ている。これは、お薦め!

 1,240円を高いと思うか、どうか。
 第一ターミナルB1には、アビオンの1500円のカレーがあったが、味の差は甲乙付けがたい。しかし、お気に入りは第一ターミナル1Fのライブカレー820円なのだった。

 2009年5月31日ご注文!









[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 14:03 | カレーライス

4.みのり食堂

イメージ 1

2009/4/15





 一押しのカレー。私はこのカレーに★★★★★を贈る。

 みのり食堂は何を食べても旨い。
 宇和を代表する老舗の食堂である。後は、カツ丼、親子丼、うなぎ、オムライス。。。

 特にカレーについて語ると、このカレーは今では他では類似の味がない。悪くいえば、昔給食で食べたカレーに近いという人もいるが、既成の味ではなくカレー粉とメリケン粉から作り上げた独特の味だ。

 また、ここのカレーは牛肉ではなく豚肉が使われている。子供の頃はそれが何故だろうか、とも思ったりしたが、今ではオリジナルな味を引き出すとてもいい食材となっているのだと思うようになった。辛さではなく、スパイスでもなく、元祖カレー、お袋の味のカレーという感じ。


ご注文:カレーライス(ビーフカレーと間違わぬこと!)

味:元祖カレー味、甘口ではないが中辛でもない、宇和のカレーの味とでもいうか。

特徴:普通のカレー、昔からのカレー。ご飯にぶっかけられて出てくる。
   スパイスなどでごまかした味でなく、真のカレー粉の味を感じる。

感想:昔から食べているカレーなので、おいしいとかおしくないとか考えたこともなかった。しかし、全国でカレーを食べてみると、似たような味(既成品と思われる)のカレーはたくさんあるものの、みのり食堂のカレーの味はものすごくレアーな味であるということがわかった。
 また、手作り感100%で、懐かしい味でもある。そこで、このカレーを一押しとした。











[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 13:59 | カレーライス

3.石鎚SAレストラン 下り線

イメージ 1  
2009/4/12




 どこかに出かけると、決まってカレーを食べたくなる。それは、当たり外れのあまりない、そしておいしい食事だから。

 石鎚SA下り線のカレーは、数年前に食べたときにとてもおいしかった。お肉も大きなものが使ってあって、煮込んであったという記憶がある。そこで、昨年他の人にも勧めたのだが、味が替わったのか、評判が良くなかった。

 そこで、もう一回だけ、真実を確かめようと食べてみたのだ。


ご注文:ビーフカレー

味:レトルトカレーのような既製品的な味(以前のものではない)

お値段:670円

特徴:汁系で肉も少し入っている。野菜が煮込んであるようなタイプではなく、オリジナルな味を追求する人には不満が残るかも。何か後味が尾を引くような感じがした。

その他:おそらく、ここ2,3年前に味が替わったのではないだろうか。他の人にお勧めしたのは、好き嫌いが分かれる味であるため、自分の誤りであったと反省。

 しかし、出し方は丁寧で、相方が食べたピリ辛ラーメンが780円だったことを思うと、価格もリーズナブルで、それなりの理解で食べればいいのかも。反面、この内容だといっそのことぶっかけて出してもらった方が良かった。
 次回は、ここでは別のメニューを捜すことに決定!!

[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 13:58 | カレーライス

2.ホテル立山

イメージ 1

カレーコレクションを記念して、旅の途中で食べたカレー





立山・黒部アルペンルートの最高地点室堂2400mにあるホテル立山。
ここでもやはり、カレーを食べた。
その理由は、カレーは大方当たり外れが少なく、早く食べれて、出てくるのも
早い。時間短縮が出来る。

また、ホテルやゴルフ場のカレーは大抵旨い。よく作られている。最近は空港
も旨いのだ。

今回は、これから剱岳登頂を目指して、剣山荘まで歩く前の腹ごしらえだ。


ご注文:ビーフカレー大盛り

味:標準的な辛さ

特徴:大盛りであるため、とにかく量が多い。登山者のためを思ってなのだろうか?

その他:登山の記念に食べたのと、お腹がぺこぺこだったのでゆっくり味わえなかった。
ただ、お腹が一杯になって幸せな気分になれたことと、剣山荘までシャリばての心配
はしなくて良かった。

2008/8/29








[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 13:53 | カレーライス