第2回四国西予ジオライド

イメージ 1
開会式での記念撮影



 平成27年9月6日(日)野村町乙亥会館発着で、第2回サイクリングin四国西予ジオパークが開かれ、県内外から約300名のサイクリストが西予市内のジオポイントを駆け巡りました。
 丁度伊予市でもサイクリングイベントが実施されていたため、300名も集まるのだろうか、と心配していましたが、雨にもかかわらずほぼ欠席が出ることもなく、盛況のうちに終了しました。


 このサイクリング、距離が72kmとかなり長い感じがして尻込みをしていましたが、西予市議会議員が4名で参加することになり、サボるわけにはいきません。しかも、エントリーに5000円もかかっているので、キャンセルはしたくない。せめて、参加賞のお土産だけでも貰って帰らなければなりません。


 そんなことも手伝って、大雨が降る予報にもかかわらず、暑い日々が続いていたので、全身びしょ濡れになる覚悟をして参加しました。


 まずは、午前9時から開会式。
 しかし、なんと目覚ましが鳴らなかったため、この開会式に遅れてしまいました。エントリーも無事受け付けてもらい、ジオパークの紹介の頃、来賓席へ到着。紹介になんとか間に合いました。





イメージ 2
オープニングイベントにはみきゃんも登場




 オープニングイベントでは、四国西予ジオパーク紹介・サイクルガイド紹介・記念撮影などがあり、サプライズとしてゲストのジャパハリネット・城戸けんじろさんが登場し、生歌2曲を披露しました。

 なんで歌なんだろう、とか、城戸さんをあまり知らない人も多かったようですが、歌を歌い始めるとさすがプロという感じで、みんな手拍子をしたり歌に聴き入ったりという様子です。
 城戸さんもサイクリングを完走されました。




イメージ 3
城戸けんじろさんが、スタート前に生歌を披露




 乙亥会館前を10時に出発する予定でしたが、悪天候のためもあり15分遅延。
 約2分ごとに15名程度のグループに分かれてジオサイクリング71.2kmにスタート。小雨の中でしたが、意外とみんな元気よく出発していきました。


 まずは、野村ダム・ホワイトファームへの急坂に挑みます。





イメージ 4
雨の中の乙亥会館前スタート。簡易なカッパを着ている人もいた





イメージ 5
次々に出発、ルッピーがサイクリングガイドとしてサポートする





イメージ 6
スタートするサイクルストを地元の人たちが見送る





イメージ 7
スタートゲートにて





イメージ 8
野村高校ブラスバンド部の演奏で送り出してもらう




イメージ 9
地質館手前でのおもてなし。この辺りが雨が一番酷かった




 まずはじめのエイドステーションは、ワイワイ市。
 この辺りはまだまだ元気で、バナナと水分を補給。あまり休まなくていい感じで、みんなどんどん出ていきますが、ここらでの体力温存が後々まで影響するわけです。


 坂石を通ってR197をきなはいや付近まで登ります。ここら辺りは快調で、知り合いをどんどん追い越していって、ややみんな驚いていたようです。しかし、土居へ越えるトンネルまでの急坂が鬼門!ここでは、どんどん後から追い越されていきます。重力には逆らえません。



 土居に入ると雨が酷くなります。
 土居から古市まで、もっとも激しく雨が降るのでやめて帰りたいくらいでしたが、宝泉坊辺りから雨は上がりました。そして、川津南グランドのエイドステーションでピザをいただきました。

 トイレ休憩しているうちに、出てみるとグランドから人が消えていて、一瞬びっくりしました。


イメージ 10
川津南グランドでピザをいただく





イメージ 11
人が溢れていたのに、トイレを済ましたら、ほとんどの人がいなくなっていた!





イメージ 12
きなはいやでは、地元に貢献しよう!とたこ焼きを食べた



イメージ 13
きなはいやでも、パラパラと休憩するサイクリストがいた




 きなはいやを過ぎると、杉の瀬診療所からR197をはずれ、龍拓寺へ向かいます。
 ここが疲れて疲労感ある中での登りで、自転車から降りたくなるところを頑張って走りますが、やっぱり少し降りて休憩。

 坂を登り切ると、後は水平なので問題なく龍拓寺エイドステーションへ。柏餅などをいただき、元気をとりもどして最後の挑戦、桜が峠トンネルを目指しました。





イメージ 14
竜沢寺エイドステーション。お寺を見物する人もいた





イメージ 15
竜沢寺はチェックポイントにもなっていた





イメージ 16
地域の女性が、柏餅などのおもてなし




イメージ 17
ゴールした選手たち




イメージ 18
ゴールにもビッグソーセージやおにぎりなどのおもてなしがあった





イメージ 19
ゴールを称えあう




イメージ 20
閉会式




 結局、午後2時半過ぎに乙亥会館に到着。まずまずの走りでした。

 しかし、
なんと兵頭竜県議の実家の前辺りで、後輪が大きな音をたててパンク。初の、パンク体験でしたが、あとわずかのところで、大トラブルでした。



 そこからは、ぼちぼち自転車を押してゴールまで歩いたので、応援していた人たちは何があったのか、という目で見ておられたようです。



 パンクの修理をしたかったのですが、道具を積んだ車両が最後尾を走っているとのことで、まだまだ時間が掛かりそうです。それまでの間、腹ごしらえをしてカロト温泉に入ります。
 結局、パンクの修理は閉会式後となりましたが、チューブだけでなくタイヤ本体も切れていて交換が必要だったので、予備チューブとともに6千円かかってしまいました。






西予市情報発信のため1ポチ、お願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 11:56 | 自転車 | Trackback(1) | Comments(0)

第2回サイクリングin西予ジオパーク








 平成27年7月3日(金)、第2回サイクリング in 四国西予ジオパークの案内が主催の西予市教育委員会内の実行委員会から届きました。


 その内容は、
          日時:平成27年9月6日(日)10:00スタート
          場所:西予市野村町乙亥会館発着



ということですが、今年は去年よりも走行距離が伸びて71.2kmということで、城川の高川郵便局から川津南グランドの方までコースが設定してあるようです。
 


 昨年は、確か約50km程度だったように思いますが、今年はハードルがグンと上がっています。
 エントリー期間は7月1日から31日までですが、先着300名となっており、すぐに半分くらいの申し込みがあったようです。参加費は5000円。


 坂道が多いコースで、なかなか苦労した思い出もあり、しかも今回はさらにロングコースということで、魚成橋から桜峠のトンネルまでのダラダラとした登りが立ちはだかるような思いがして、参加には消極的な気分なのです。そこは、強者にお任せしましょう!!


 第二回目ということで、午前8時から受付をして、記念撮影やオープニングイベントなども午前9:15からあるようで、ジオライドが成功して西予市に定着すればいいなと思っています。






西予市情報発信のため1ポチ、お願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓









[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 11:51 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

サイクリングin四国西予ジオパーク

イメージ 1
長谷川副知事の号砲で、第1組9名と先導の県警サイクリングチームが出発


 平成26年9月7日(日)、西予市合併10周年記念事業・第1回サイクリング in 四国西予ジオパークが西予市野村町 乙亥会館発着 城川町地質館経由周回コースで行われ、約130名のチャリダ-が県内外各地から集結した。


 受付が午前8時からだったので、早々に自転車のユニフォームを着た選手が野村の町を走る姿が見られ、西予市にもいよいよ自転車文化がやってきたという感じだ。


 今回のコースの難関は、第1が野村ダム-ホワイトファーム-桂川渓谷で、第2が下相-土居のトンネル越え、第3が地質館までの登りで、第4が魚成橋から桜が峠までの約10km近い登りだ。これらの登りを如何に攻略するかがサイクリングを楽しむポイントとなる。

 午前10時からゼッケン番号順に約10名程度で時間差スタート、野村ダムを目指す。

 この大会は、順位やタイムを競うレースではなく、四国西予ジオパークを結んでそこを走ることを楽しむというのが主旨であるため、気軽に参加したのだが、58.6kmの距離ときつい登りを考えるとやや不安も感じる。
 


 サイクリングをするとき、平地と下りは人並みに走ることが出来るのだが、難関の登りになると置いて行かれて最後尾になってしまう。それは体重のせいであるところが大きいと思われるが、多くの選手は大概の上り坂でもスイスイと行く感じで、スーと追い抜いていくのだが、自分の場合は元気なときは立ちこぎをしたりギアを22段のうち一番軽くして精一杯こいで坂を登らなければならないので、遅くなってしまうわけだ。


 これは練習と体力を付けることによって改善されていくのだろうが、自転車をやると言うことはこれを乗り越えないと楽しくならないのだろう、と実感してきたところだ。ダイエットと脚力をつけないと、坂を登るのがきっと楽しくならないようだ。


 今回のサイクリングではエイドステーションでのお接待が5カ所あったので人並みにゴールできたが、それがなければ随分と遅れていただろうなあ、と思う。また、最初の貝吹ワイワイ市から次の地質館までが随分遠くて、土居のトンネル越えも大変だった。地質館までに1カ所休憩が欲しいところだ。一方、地質館からの帰りは下里茶道ときなはいやが近かったように感じた。


 また、今回は沿道の人たちが声援をおくってくれて、要所要所では何人かが集まって手を振ってくれたりしたので励みになった。


 次は、10月26日のしまなみ国際サイクリング。
 その後、自転車がどう展開していくのか、楽しみである。


イメージ 2
午前8時から、乙亥会館前は多くのチャリダ-が集まってくる

イメージ 3
乙亥会館には臨時の自転車置き場が設置されていた

イメージ 4
開会式では、各地から集まったチャリダ-と大会関係者に感謝の気持ちを伝えて、挨拶とする

イメージ 5
長谷川副知事、上甲副知事とともに、今回は来賓扱いしてもらったので、西予市でのサイクリングの立ち上げに一役買ったような思いも。。。

イメージ 6
大会長は兵頭竜県議


イメージ 7
杉山輪業サイクリングチームもサポートで参加

イメージ 8
開会式での野村スポーツクラブ会長あいさつ


イメージ 9
先導は愛媛県警南予方面対の白バイがつとめる。CB1300PとVFR800

イメージ 10
乙亥会館からスタートする選手たち


イメージ 11
地質館で昼食を採る。ここまでくれば一安心。後の難関は魚成橋からの登りだけだ


イメージ 12
地質館では座り込んで配られた弁当を食べる


イメージ 13
城川の特産のウィンナーを焼いて、お接待されていた


イメージ 14
昼食が済んだ班から地質館をスタート。ここが約34km地点


イメージ 15
地質館を出て間もなく、下里茶道でのお接待。柏餅やようかん、ミニトマトなどいただいた。お接待に感謝!!


イメージ 16
ここらのお接待の休憩で、ペースを合わせることが出来た


イメージ 17
下里茶道を出発。ここが35km地点


イメージ 18
きなはいや、でのお接待。約44km地点


イメージ 19
きなはいや前にも臨時の自転車置き場が設置された


イメージ 20
きなはいや、を出ると最後の魚成橋からの登りが待っている


イメージ 21
桜が峠トンネル入口の最後のエイドステーションでのお接待。約53km地点


イメージ 22
桜が峠トンネル入口をスタートして旧道を峠まで2km弱登ればあとは長い下りが待っている


イメージ 23
大会実施に貢献した楠さんと井関議員と、マイデザインのユニフォームで完走を祝す


イメージ 24
ゴールのお接待。たこ焼きやピザなどがあった


イメージ 25
閉会式。多くのチャリダが残った。お楽しみ抽選会では、はまちやお米、リュックサックが当たった人も。。。自分はにんじん茶


イメージ 27
最後に記念撮影












[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 11:46 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

法華津峠観光林道試走






 平成26年8月28日(金)、午後6時から法華津峠のヒルクライムに挑戦!!
 法華津峠は標高436mであり、卯之町駅付近が211mらしいので標高差225mということになる。また、峠から観光林道にさらに約30mくらい登るので、250mくらの登り坂となるのだろう。

 我が家から法華津峠までは約7km弱。坂が続くが問題ない。舗装も半分くらいはきれいだと思う。



 法華津峠から宇和ー高山線の出合までは主に下りとなるが、とても良いコースだった。
 スカイラインを気持ちよく走ることが出来る。その後は、野田を通過してほぼ下りで帰ってくる。

 全般的に予想外の良いコースで、最初の法華津峠まで頑張れば、後は快適に走ることが出来た。

 ただ今回はスタートがおそかった感があり、観光林道の水平トラバース辺りで暗くなってしまい、野田までの下りが路面が見えず困った。


 日々日の入りが早くなる季節、気をつけなければならない。















[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 11:41 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

四国西予ジオライド

イメージ 1
野福峠下のカーブにて。最終休憩ポイント



 平成26年8月17日(日)、西予市観光協会主催の自転車サイクリングイベント「四国西予ジオライド」が開かれ、県内からチャリダ-約40名程が西予市の宇和海キラキラコースを駆け抜けた。

 午前9時から受け付け開始、そして開会式の後、10時に宇和文化会館裏の駐車場をスタートして、肱川左岸を永長口まで行き、三瓶・海の駅を目指した。


 コースは、さらに大崎鼻入口を経由して高山・大早津のシーサイドサンパークで昼食、さらに俵津から宇和文化会館へという約60kmのルート。


 60kmの距離に挑戦するのは初めてであり、完走できるか心配だったのだが、なんとか最後まで走り抜いてゴールすることが出来た。


 今回の参加者の中には、上級者もかなりいて、走っているときに「右を抜きます」と声をかけられ、どんどん抜いて行かれた。日頃からの練習と体力が大きな差となって表れているのであり、ダイエットも大切だと実感。心を入れ替えて、次の野村の大会を目指さなければ。。。


 関係者の努力のお陰で、無事2時半近くにはスタートした駐車場へ。
 今後のジオサイクリング大会など、自転車イベントの展開を期待したい。



イメージ 2
県内のチャリダ-が続々とやってくる



イメージ 3
大城八幡浜市長も参加。橋本副市長も。



イメージ 4
兵頭竜県議もスタート前は元気な姿を見せる



イメージ 5
受付は宇和文化会館裏の駐車場の一番倉庫寄りだった



イメージ 6
西予市議会チーム。新しいユニフォームも完成



イメージ 7
三瓶・海の駅での休憩。じゃこ天2枚とドーナツ、みかんジュースが振る舞われる。ありがたい



イメージ 8
蔵貫から下泊を目指した走る



イメージ 9
下泊を1列になって行く。この辺りまでは快調で良かった。



イメージ 13
このようなアングルもあった。この辺りではまだまだ元気だったのだが。。。


イメージ 10
昼食のシラス丼。お腹にはちょうど良い。休憩できた



イメージ 11
和室でみんなでお昼をいただく



イメージ 12
シーサイドサンパークでゆっくり休み、体力回復











[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 11:36 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

野福峠ヒルクライム




 平成26年8月15日(金)、夕方雨が降ったりやんだりの中、時間を見つけて、西予市明浜町俵津まで一旦下って、標高差250m程のヒルクライムに挑戦した。

 これは、17日(日)に開かれる”四国西予ジオライド”のための試走で、実際野福の坂道を自転車で登り切ることができるのかどうかを試すためである。



 西予市ジオライドは、全走行距離60kmで、標高211mの宇和文化会館からスタートして、海抜0m近くの三瓶・海の駅に下り、蔵貫・皆江・下泊・田之浜・高山・俵津と宇和海きらきらオレンジツーリングコースを走って、最後に俵津から宇和まで登り返す60kmコース。


 我が家から俵津往復が25km程あるので、これを走れるかどうかが四国西予ジオライドの完走ができるかどうかを占う。

 伊賀上の俵津トンネルまでは結構な登りで、トンネルに入ったら一息つく、という感じ。
 後は延々と下るのみで、ブレーキを適度に効かせながら長いヘアピンの坂を下っていくのだが、しばらく行くと手の握力がなくなり、休みたくなる。


 それを我慢して、俵津文楽会館まで行って一休み。サドルが固いせいか、おしりが痛い。
 登りはお墓のところまでがひと頑張り。後は延々とペダルを漕ぐ。微妙にギアを調整するが、基本的に前は軽くしたままだった。



 やっぱり、途中でお尻が痛くなってカーブのベンチで一休み。
 帰ってからコースを確認すると、本番はもう一つ前のカーブで休憩するポイントが設けてあり、それはありがたいセッティングだと思われた。


 後は、本番での完走を祈るGOOD LUCK!













[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 11:30 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

自転車ユニフォーム

イメージ 1
西予四国ジオパークをPRする自転車ユニフォーム




2014/6/10(火)
 西予市議会有志により自転車ユニフォームを作ろうという話がまとまり、いよいよ発注することになった。

 四国西予ジオパークとせい坊をモチーフにデザインを考えよということで、このようなものになった。これで、10月26日のしまなみ国際サイクリング大会を走る、ということが一つの目標。

 ところが、初回は10着以上発注しなければならなかったみたいで、希望者が8名しかおらず注文することができない事態となってしまっていた!


 平成26年6月9日になってやっと4名の協力者が現れ、無事注文を出すことができた。これからは1枚でも購入できるらしい。希望者購入可能です。
















[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 11:28 | 自転車 | Trackback(1) | Comments(0)

しまなみ国際サイクリングエントリー



 平成26年10月26日(日)に開催される「しまなみ国際サイクリング大会」のエントリーが5月23日(金)午後8時からインターネットではじまったので、5人分のエントリーをした。


 エントリーをするのに入力項目などが複雑なため、時間を要したのだったが、なんとか定員締切前にエントリーを完了、胸をなで下ろす。5人分の入力で、人に頼んで1時間弱の時間がかかった。


 午後8時、エントリー開始。
 事前に、何を入力するのか、どんな情報が必要なのかは知らされていない。その時、画面を見てから考えはじめる。特に、友人の情報は全くわからないので、手間取る。


 特に、緊急時の連絡先やそれを誰にするかなど、いちいち確認しながらみんなの分を入力。もちろん、住所や電話番号、メールアドレスなど必要な情報は多岐にわたる。エントリーコースもそれぞれ別々に5人分入れるようなシステムとなっておりまとめて5人分申し込むなどということは極めて不利な状況であった。


 エントリーの注意事項に、数人分申し込む場合は時間が長くかかるので、入力中に満員となって受付できないこともあるとアナウンスしてある。


 大文字小文字など間違えば正常に受付せずにエラーが発生したり、処理が止まったりと苦労しながら、最後にカードの番号を入力する。カードも全員の分が必要かと思いきや、一人分でまとめて支払うことができた。


 このエントリーの前提として、RUNNET登録が必須であったが、これも一からやるひとはさぞかしもどかしかったであろうと思う。それに、エントリーサイトへはなかなか混雑のため繋がらず、30秒待ちの画面が5,6回出た後、やっと作業をはじめることができる。


 エントリー作業は、スマホの小さい画面で、これまたチリのような文字を一生懸命読んで理解して、さらにチェックしたり文字を入力したりでこれは自分手に負えることではなかったので、兵頭竜県議に操作をお願いしやってもらった結果、エントリーが完了したものなのだ。


 県議だったら、別枠でエントリーくらいできそうなものだがこれが全くできず、1時間のスマホとの格闘を余儀なくされたのだった。


 野村で飲み会の最中の出来事だったのだが、この騒ぎで飲んでいるどころではなくなり、エントリー完了後はすっかりと醒めてしまった。家に帰ってサイトを再びパソコンで見ると、すでに満員で受け付け終了、我々もきわどかったのかもしれない。


 2ヵ月程度の受付期間が設定されていたが、1,2時間で定員に達したというわけだ。しまのわ2014のファイナルイベントでもあり、全国からの注目度も高かったのであろう。













[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 11:26 | 自転車 | Trackback(1) | Comments(0)

自転車のカップホルダー取付

イメージ 1
カップホルダー取付完了



 平成26年4月7日(月)、自転車にカップホルダーを取り付けた。ペットボトルを入れるつもり。

 こんなもので2300円もする。趣味とは言え、なんでも高いのだなあ。


 リュックに入れて乗ればいい、そう思うのだが、自転車で走りながら水分補給をするためには、この位置にないといけないのだそうだ。



 まだ、パンクの修理キットとか、小物入れとか装備しなければならない。いろいろと付けると重くなる、と思うのだが、そんなこと言う前に体重を落とせ、と言われればその通りかもしれない。




イメージ 2
少し離れると、こんな感じ。もう一つ、何か付けれそう










[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 11:23 | 自転車 | Trackback(1) | Comments(0)

自転車のスピードメーター

イメージ 1
ハンドルに取り付けたサイクルコンピューター



 平成26年4月6日(日)、スピードメーターを自転車に取り付けた。
 最近はスピードメーターのことをサイクルコンピューターというらしい。CAT EYEというメーカーで約3千円程度で購入することができた。



 ガーミンのものも考えたが、GPS付きで約3万円ということで、今の段階でそこまでのものが必要なのかどうか分からない。まだまだもったいない、というか、宝の持ち腐れとなりそうなのだ。


 この程度のものでも、スピードに加えて走行時間、最高速度、平均速度、消費カロリー、CO2消費量、走行距離などが表示される上、手軽に取り付けることができる。パーツは表示部とマグネットとセンサー。それらをハンドルとタイヤのスポークに取り付けるだけ。



 走り出せば勝手に電源が入り計測を始めるという優れもの。


 次回までに必要な性能など吟味をして、またサイクルコンピューターを考えていきたい。




イメージ 2
走り出す前は、時刻を表示












[PR]

by cskuwa | 2017-01-29 11:21 | 自転車 | Trackback(1) | Comments(0)