新型カメラが5種類発売



イメージ 1



Canonから発表されたEOS 5Ds と EOS 5Ds R

 
 そろそろ新型カメラがでるのではないか、と思っていた平成27年2月初旬、予感的中で 上級者用のEOS 5Ds と EOS 5Ds R 、それに 入門機のEOS Kiss X8i、EOS D8000などの発売が発表された。
 年末には、EOS 7D MarkⅡが発表されていたこともあり、計5種類の新型カメラが市場に投入されたことになる。オリンピックなどの国際イベントなどに合わせて新型カメラは発表されることが多いのだが、今回のターゲットは何か?入門機は入学式が発売時期の狙いのようだ。

 現在、私のメイン・カメラはEOS 5D MarkⅢなのであるが、まだまだ使いこなしていないのに、新型機が発売されたと言っても「付いていけない」、というのが正直な感想である。値段が約50万円程となっていることから、フラッグシップのEOS 1DX の値段にも肉薄している!!

 画素数が、新開発センサーの飛躍的な進歩のため、2000万画素と5000万画素だから、5Dsの方が上を行くようにも思える。これはきっと EOS 1DX の新型登場も近い、と考えなければならないと判断した。その時がカメラの買い換え時期となるのだろう。

 

 一方、山登りの相棒EOS Kiss X7 も X8にチェンジしている。
 その改良点は、画素数を1800万画素から2420万画素に改良したのと、ピントのセンサーを9点から19点にアップしたことだと理解。山へ行ったときには、その改良はあまり関係ないだろう、ということで、こちらも買い換えはせずに現行カメラを継続使用することに。

 新しくすると、重量が370g から 510gになってしまう!!これは山に行くには、マイナスだ。
 いずれにせよ、安い買い物ではないので、買い換える気持ちがかなり高まらないと、清水の舞台から飛び降りることが出来ない。
 また、レンズも高価なので、それらを考慮すると、そろそろ新型カメラを追いかけるのも慎重に考えなければならないと思うようになった。


イメージ 2


山に持って行くことが目的となるはずの、軽量の入門機。しかし、これでも10万円くらいはする。今の愛機 EOS Kiss X7 が新型モデル登場の影響で、暴落して3万円台になっている!!コンデジよりも安いかも。性能上は全く問題なく使えるので、これを使い切らなければ。。。


西予市情報発信のため1ポチ、お願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


[PR]

by cskuwa | 2017-01-28 10:01 | デジカメ

レンズ入手 Canon EF50mm F1.2

イメージ 1
Canon EF50mm F1.2 L USM



Canonの標準レンズであるEF50mm F1.2 をようやく購入することができ、それが届いて平成26年3月27日(木)、試し撮りをしたり、触りまくったりしてみた。それがなんと定価では18万5千円もするので、今回ははじめから新品ではなくてオークションで程度の良いものを落札しようと考えていた。


 「極美品」ということなので、それをぼろぼろになるまで使い尽くそう!と思って、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入。どれほどの実力があるのか楽しみだ。購入価格は10万6千円、人気があるレンズなので、なかなか低い金額では落札できなかった。



 F1.2というF値についてだが、これはF1.4と比較すると2倍明るいというような意味。つまり、レンズの面積がF1.2の方が2倍あるようなもので、だからF1.4よりは2倍明るいということになる。この0.2の差だが、オークション価格でいうと10倍になってしまうのだ。なかなかここまで明るいレンズはない。


 このレンズもしっかりと使っていかなければならないのだが、今回はオークションでバイクや車のチェーンを売ってそれを財源とした。しかし、3万6千円ほど足りず、損益留保資金(貯金しようと思っていた資金)の中から穴埋めしたのだった。


イメージ 2
レンズは大きくて重い


イメージ 3
Lレンズだけに、伝統の赤鉢巻だ


イメージ 4
F1.2の実力を試す



イメージ 5
オークション落札一覧




イメージ 6





オークション出品一覧。合計7万3千円を売り上げた。倉庫の中のガラクタは、早く処分したら思わぬ収入となる





[PR]

by cskuwa | 2017-01-28 09:57 | デジカメ

GALAXY S Ⅲに機種変更

 平成24年5月28日、これまで使っていたサムソンのGALAXY S から、スマートフォンの機種変更をした。というか、買換みたいなもの。

 そろそろ2年が近くなり、慣れてきた頃だったが、通信速度のストレスやら電池が切れる、または、接点の酸化により突然電源が切断される等の症状が出始めたため、変更を考えていた。


 本心はSONYのエクスペディアだったのだが、タイミングが合ったためまたまたサムソンとなってしまった。それに、販売店の人もサムソンを滅茶苦茶薦める。自分ではメリットが良くわからなかったが、ニーズだけは満足しそうなので、あと2年使ってみることにしたのだ。


 これまで重宝していた運転時のハンドフリー電話Bluetooth、天気予報や飛行機の座席変更、松山での列車時刻を見るためのインターネット、Wi-Fi、予定表、電子辞書などに加えて今回期待する機能は、外出時ノートパソコンとネットを繋ぐデザリングや無料通話、通信速度の高速化とコストダウンである。


 しかし、つい先日送られてきた電話料を見ると、これまで12000円くらいだったものが18000円となっていた。ショック!買い換えたばかりなので、LLプランなどとパケホーダイとがダブって請求されているのだろうか!?
 次回は、7500円くらいまで下がっていることを祈る



[PR]

by cskuwa | 2017-01-28 09:54 | デジカメ

キャノン Sタワー

 Canon EOS-1D MarkⅢ が発表になった頃の2007年3月、品川のキャノンSタワーにあるキャノンショウルームへ行った。お目当ての1D MarkⅢ 以外にも、デジカメやレンズなど製品が一通り陳列され、かつ試写ができるという、結構楽しめるところだった。

 1D MarkⅢは、10コマ/秒での連写が可能であり、シャッターを切る音はまさに機関銃のようだった。このころハイアマチュア機としては、30Dがメジャーだった。

人工地盤(2F)からの入り口
イメージ 1

イメージ 2

発売前の1Ds MarkⅢ
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

望遠レンズを借りて試写
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

Sタワー前にて
イメージ 12

Sタワー喫茶コーナーにて
イメージ 13

イメージ 14

[PR]

by cskuwa | 2017-01-28 09:30 | デジカメ